交通事故後に喉の痛みを感じたら!バレールー症候群に注意!

交通事故に遭った後、喉の痛みを感じることがあります。直接、喉を傷めたわけでなくても、痛くなることがあるのです。これは、交通事故時の「むち打ち」が関係しています。また、喉の痛みを伴うさまざまな症状を総称して「バレールー症候群」といい、それになっているかもしれません。

これから、交通事故後のむち打ちについてご説明します。また、バレールー症候群についてもご説明しますので、参考にしてみてください。

交通事故後のむち打ちとは?

交通事故に遭うと、肩や首の周辺を傷めてしまうことがあります。特に、追突事故の時に起きやすいです。直接、体に車体やその他の物が当たっていなくても、体が大きく揺さぶられることで、むち打ちになってしまいます。

むち打ちは後方から追突されて、肩や首の周辺が強く揺さぶられることが原因です。また、肩や首の筋肉やスジがつってしまい、鈍痛や違和感などの症状が出てしまいます。見た目でわかる外傷はありませんが、体の内部で炎症が起きている状態なのです。

交通事故に遭った日は、症状に気付かないこともあるでしょう。翌日から数日後に症状が出始める場合が多いです。交通事故によるむち打ちは、早めに対処する必要があります。できるだけ早めに診察してもらい、当日もしくは翌日には病院で検査してもらうといいでしょう。

また、速やかに診察を受けることで、事故を起こした人と被害者のトラブルを減らすことができます。病院への受診料は自賠責保険から支払われることもあるので、事故を起こした人と連絡先の交換も必要です。目立った外傷がないため、その場で示談にしてしまうこともあるでしょう。

しかし、むち打ちの症状は後日出てくることが多いため、連絡できるようにしておくことが必要なのです。

むち打ちの主な症状とは?

むち打ちは医学的には「頸椎捻挫」と呼ばれています。頸部に痛みや炎症があり、神経まで影響していることも多いです。急な力が加わると上半身は前方に揺れ、重量のある頭を支えている頸部に負担がかかってしまいます。

頸部の支持組織は弱いため、首周辺に症状が出てしまうのです。頸椎骨折や脱臼の場合は、寝たきり状態や手足が不自由になることもあり、長期間の療養が必要になります。一方で、むち打ちとは筋肉や靭帯・関節などの損傷で、症状は軽いです。

また、むち打ちは原因や症状によって、「頸椎捻挫型・神経根損傷型・自律神経障害型・脊髄損傷型」の4種類に分けられます。一番多いのが頸椎捻挫型で、むち打ちの約8割です。首や肩周辺の違和感や筋肉疲労が主な症状になります。

また、痛みが出たり、頸部周辺組織が腫れたりすることも多いです。治療をすれば、数ヶ月で治ります。神経根損傷型は頸椎が事故による衝撃で歪み、骨の中を通っている神経が圧迫されるものです。神経が圧迫されると、その神経が支配している手足に痺れを引き起こします。

特に、腕に強い痛みを感じることが特徴です。自律神経障害型では、自律神経の調子が悪くなり不調をきたすようになります。肩こりや頭痛・吐き気・耳鳴りなどの症状で、本人の申告による自覚症状が主体です。そして、脊髄損傷型になると、手足が麻痺してしまいます。

脊髄は体を動かす重要部分の中枢神経になるため、損傷してしまうと重度の症状が出てしまうのです。中でも、下半身の痺れや内臓異常・便秘になることが多いとされています。加えて、重度の麻痺も残り、その後の日常生活に影響を与えてしまうことが特徴です。

喉が痛む時は、バレールー症候群の可能性!

交通事故後に喉の痛みを感じた時は、「バレールー症候群」の可能性があります。これは、事故の衝撃で頸椎が歪み、骨の中の交感神経が圧迫される状態です。主な症状は、疲れ目やかすれ目、耳鳴りや難聴などになります。

また、喉の症状では、痛みや詰まった感覚・飲みこみにくさを感じることが特徴です。むち打ちの分類では、「自律神経障害型」と関係しています。自律神経は目や耳・心臓・咽頭部の動きと関連していて、むち打ちによって異常をきたしてしまうのです。

バレールー症候群の特徴とは?

バレールー症候群の由来は、フランスの神経学者「バレー」と「ルー」によって報告されたからです。最初にバレーが、むち打ち後に自律神経が関係している症状を「後部頸交感神経症候群」と発表しました。そして、数年後にルーが症例をまとめたことから、2人の名前を取ってバレールー症候群と呼ぶようになったのです。

痛みや筋肉の凝りだけでなく、喉の違和感や耳鳴り・めまいなどの症状が出ることから、自律神経が関係していると報告されて、判明しました。頸部が損傷することによって、自律神経が直接的または間接的な刺激を受けてしまいます。

ただし、バレールー症候群の明確な診断は困難です。しかし、交通事故に遭った事実を確認し、自覚症状はあるが、他覚的所見が乏しい時に診断されます。レントゲンを撮影し、骨折や脱臼がないことも条件です。また、交換神経節ブロックという治療を行い、症状が改善するとバレールー症候群の可能性が高いとされます。

バレールー症候群は、交通事故後しばらくしてからの発症が多く、例えば、数ヶ月後や数年後に起きることもあります。事故による頸椎の経年変化で、椎骨動脈血流不全になると、自律神経に栄養が行きにくくなりバレールー症候群を発症することもあるのです。

交通事故に遭った際に脳外科での検査を受ける必要性の詳細

バレールー症候群の治療方法とは?

バレールー症候群の治療では、頸部交感神経節である「星状神経節ブロック」を行います。これは、星状神経節の周囲に局所麻酔剤を打つ方法です。交感神経の働きを抑制させ、症状を緩和させます。また、「抗交感神経薬のαブロッカー」を使用する場合も多いです。

交感神経のα受容体を遮断させ、交感神経が働き過ぎないようにします。

バレールー症候群と後遺障害等級

後遺障害等級とは、交通事故が原因で労働能力の低下や喪失を伴う時、損害賠償を受けるために判定される等級です。保険会社に書類を提出して審査を受けます。

必要な書類とは、自賠責保険に関する書類や交通事故証明書・後遺障害診断書・レントゲン画像などです。

交通事故の等級は症状が重いものを1級として、全部で14級まであります。むち打ちの場合、医学的に証明できれば12級ですが、自覚症状が主体のバレールー症候群の場合は14級になることが多いです。神経症状があるものは9号なので、14級9号と判定されることになります。

ただし、バレールー症候群は、他覚的所見ではなく自覚症状が主体になるため、判断の難しさが問題になるでしょう。

交通事故に起因する脳の障害とトラブル解消の方法